寝る前に睡眠薬を飲まないとどうなるのか?

寝る前に睡眠薬を飲まないとどうなるのか?

眠れない夜が続いたり、夜中に目が覚めてしまうとかで、熟睡できないと、人の健康管理上の四要素の一つが満たされないわけであり、健康に良くないことがはっきりしていますから、それをカバーするために睡眠薬を使うということになります。

ちなみに四要素というのは、栄養バランスの取れている食事を適量いただくこと、快適な排泄行為があること、適度な運動で身体を動かしていることと快適な睡眠ということになります。

睡眠薬はよく眠れるというためのものですから、飲んで寝ない場合は、眠りに付けないか、寝てもすぐ覚醒してしまうということになりやすくなります。

というのは、主に使われているベンゾジアゼピン系睡眠薬に代表されるように、ほとんどが脳の睡眠中枢に作用して眠気を起こさせ、眠気を維持するということになっているからです。

安眠をもたらすセレトニンやギャバという伝達物質を介して、周辺の細胞にも伝達し、連動作用ももたらします。だから、多少テンションが高い状態であっても、神経細胞の興奮状態を抑制してくれて、熟睡へいざなってくれるというわけです。

ほとんどの薬は睡眠中枢だけに働きかけることから、適量を飲むのであれば、深刻な副作用や生命の危険ということには至らないとされています。

それでもお医者さんからは、眠れるようであれば服用を止めても構わないというようなことを言われます。それは、続けて飲んでいると軽い副作用的な現象が起きることもあるからです。

たとえば、朝何となく起きにくいとか、起きても眠さが少しあるとか、いまいち食欲が良くないとか、昼間も何だか寝むたいというようなことになります。

睡眠薬を使うのは、眠れない、あるいはすぐ目が覚めてしまうということが、苦痛となって身体に悪い影響を与えることを防ぐためであり、対処として飲むわけですから、飲まなくても済むのであれば、飲まない方が良いということになります。

もう一つの中点ですが、薬をやめようというときに、禁断症状とか離脱症状が出る可能性があるということです。もう大丈夫だということで服用を止めたとしても、常習性ということから、眠ることへの不安とか、幻覚症状とか、精神的な不安定が起きることもあります。

このときは素人判断は危険ですから、お医者さんに相談することが何よりも大切なことになります。

逆に、睡眠薬を飲んだときに、ろれつが回らなくなる、脱力感がある、ふらつきがある、精神的に不具合があるというようなケースでは、薬が合わないということもあるので、すぐにお医者さんに相談することが肝要になります。