睡眠薬の中で強い睡眠薬は?

睡眠薬の中で強い睡眠薬は?

睡眠薬にはベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系とに大きく分けられます。他にバルビツール酸系、オレキシン受容体拮抗薬、メラトニン受容体作動薬があります。

一番強い効果を持つのが手術の麻酔にも使われていたことのある歴史の最も古いバルビツール酸系です。副作用の強さも呼吸停止や不整脈など重症なものが多く、依存性も強いので現在は使われていません。

メラトニン受容体作動薬は自然な眠気を催してくれるので安全性が高く副作用の心配もないので安心して使えますが、すっと眠れるほどの効果はありません。

オレキシン受容体拮抗薬は覚醒作用のあるオレキシンを分泌させないようにすることで脳の覚醒レベルを落とし、眠りにつきやすくしてくれます。

日中の眠気を催すことも副作用も少なく体質に合えばとても効果がある睡眠薬ですが、悪夢を見やすいという報告がなされています。メラトニン受容体作動薬よりは効き目が強いですが、ベンゾジアゼピン系よりは低いというレベルです。睡眠薬を初めて使う方におすすめです。

一般的に処方されているのがベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系です。20種類ほどが使われており、ハルシオン、レンドルミンなどの商品名が有名です。

効果は同じくらいですが、効き始めるまでの時間と持続時間が異なるので生活スタイルにあわせて選ぶのが基本です。ベンゾジアゼピン系はGABA受容体を通じて神経伝達物質の機能を抑える働きをします。

非ベンゾジアゼピン系は脳の大脳辺縁系のベンゾジアゼピン受容体に作用して眠りに導いてくれます。非ベンゾジアゼピン系は短時間で作用してくれますので寝つきの悪い人に適しています。

ベンゾジアゼピン系は飲んで1時間未満で効く超短期型、1時間から3時間で効く短時間型、3時間から5時間で効く長時間型とに分かれます。短時間型は効果が6時間ほどでなくなるものと効果が24時間前後でなくなるものとに分けられます。

一番強く効かせたい時間はどこかで睡眠薬を選ぶのが一般的で、強さにこだわっているわけではありません。強さを決めるのは量ですが、目覚めがすっきりしない、日中まで眠気を持ち越すなど生活に支障が出てくる可能性が高くなります。

睡眠薬ではありませんが、抗うつ薬、抗精神薬、漢方薬などもあります。眠りを深くしてくれたり、眠りの質を改善させたりしてくれます。依存性が高く、辞めると副作用が出たり、症状が悪化したりすることがありますので医師の処方に従って服用することが重要です。